治療の流れ

IMG_7422問診票にご記入いただきます。

それをもとに、どんな症状か、いつ頃からなのかなどの質問をします。
東洋医学的な観点から診断するため一見症状とは関係のなさそうな事柄も質問することがあります。
一番悩みの症状はもちろん、日常生活で感じるちょっとしたことまで、どんな
些細なことでもお話ください。

IMG_7434治療の説明を行います。初めての方は特に「鍼は痛いのではないか、お灸は熱いのではないか」と
不安でいっぱいかと思います。患者様の不安を取り除き、安心して治療が受けられるよう精一杯ご説明いたします。

IMG_7451ベッドに仰向けになり、脈診をいたします。

脈から12の経絡の状態を読み取り、治療方針(鍼や灸を施す穴)を決定します。

IMG_7466鍼治療を行います。

当院はディスポーサブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しておりますので、感染症の心配もありません。

IMG_7487必要があればお灸を行います。

灸点紙というお灸専用のシールを使用しますので、火傷や跡が残ることはありません。

IMG_7519生活習慣のアドバイスや養生方法、治療回数、などご提案いたします。

患者様の生活スタイルにあった、無理のない改善策を一緒に考えていきましょう。